【ポトレ講座】入門(1)「露出補正」福田欄

初心者からのポートレート講座

今回はオートモードで撮影する際の露出補正について説明いたします。

そもそも露出とは?
簡単に言うとカメラが受ける光の量です。

カメラの露出は、以下の3つの組み合わせによって決まります。

  • F値(絞り値)・・・光を受ける量
  • シャッタースピード・・・光を受ける時間
  • ISO感度・・・光を受ける受け皿の大きさ



また、撮影条件によって下記の状況が発生いたします。

○露出が多い場合(オーバー)
全体的に明るい写真になります。

ポートレートにおいては、被写体に注目しますので、
被写体が、明るすぎる場合は露出オーバーです。

主に背景が暗い場合に、カメラが明るくしようと判断してしまうため起こります。

※対応 -補正にする。



○露出が少ない場合(アンダー)
逆に、背景が明るい場合や白い場合などは被写体が暗くなりやすいです。


※対応 +補正にする。



○被写体に合わせた露出補正を!
PモードやAモード、Sモードなど
カメラ側でオートの露出を決めている場合は、
背景などその場の状況に応じて、+-の露出補正を行うようにします。

※下の数値は、補正値 右端なら+2段で撮った事になります。



○適正露出
全体的な値ではなく、自分の合わせたい場所に的確に露出を合わせていけるようしましょう。
顔だけではなく、顔の一部分に露出をあわせる、または顔の一部をオーバーにするなどの細かい設定が出来るとより面白い写真が撮れます。


※サイド光による、陰影の強い写真。

以上

このレポートは、オレンジフォトのポートレート撮影講座「初蜜柑」のまとめになります。
モデル:福田 欄

入門ポートレート講座は、9月~12月まで月一回開催予定!

詳細はオレンジフォトホームページをご覧ください。